木の家の醍醐味である上棟式

現場は屋外の配管工事を行なっていました。
下水や雨水、水道の配管を行っています。
これを先に行うことにより、作業用の仮設足場をとったあとの
外部作業が速やかに完了します。
特に今回のように外壁が塗り壁などの左官工事の場合に
どうしても足場をとるのが遅くなってしまうときには、
屋外の配管工事を先に行うことは有効です。

明日には水道のヘッダー配管を行なってあさってには土台を敷きます。
もうすぐ上棟なので、少し作業があわただしくなってきました。

大工さんが墨出しといわれる作業を行っています。
基礎(15cm)の上に土台(12cm)を敷いていくときに土台の
位置を出していきます。
基礎の時にも当然、位置を出して作っていますが、どうしても
若干のずれはあります。
(
もちろん基礎の上には土台はのっていますが・・)
その為、この位置だしが必要になります。
この後、土台を敷き並べていきます。

上棟のときに組まれる材木が搬入されました。
この材木はまだ2階の床までの材料で、上棟の当日に
残りの材木が入ってきます。

ちなみに今朝現場に行くと少し雪が積もっていました。
上棟日は暖かくて良いお天気になって欲しいものです。

いよいよ棟上げです。
途中曇ったりもしたのですが、暖かく風もなかったので
作業をするには絶好の日和でした。

それにしても道路側から見ると4寸(12cm)の柱が91cm間隔で
立っているため、とても木が多く思った以上に頑丈な感じがしました。
施主様も一日で建物の形ができることに驚かれながらも
頑丈そうな骨組みに喜んで頂けました。

最初、レッカー車が坂道の勾配がきつい為、据付けることが
できないというトラブルもあり、どうなることかと
ヤキモキしましたが、なんとか据付けを行なうことができました。

それまでの間、大工さんが手で梁を組んでくれていました。
『4寸の柱や梁は重いわ。』とぼやきながらも軽快に
組み上げてくれてました。
おかげで無事、棟も上がり上棟式を行なうことができました。