アンティークオークフローリング

防水の処理も終わり、中間検査を受けました。
この検査では建物の配置や高さ、防水・断熱・金物など役所に提出した確認申請書に沿って、間違いがないかの検査を行いました。

もちろん?問題はありませんでした。
この検査は確認検査機関の方が来られたのですが、前回のJIOは検査専門の会社で内容が少し違います。
ですが、かぶる部分も多いのが実情です。
ただ、より間違いがないようにするためにJIOの検査をお願いしております。
おかげで検査は合計6回にもなります(^^;)(すでに3回は終わりました)

床は1階にはアンティークのオークを使用します。
この床材は予想以上の綺麗さで、思わず絶賛してしまいました(^o^)
大工さんにも「これはいい!」とお墨付きをもらいました。
完成した後、床の養生を取る瞬間が今から楽しみです。

2階の床にはパインのフローリングを使いますが、これも思った以上に良い!
もっと赤みがかっているのかと思っていましたが、予想以上に白く、これも年を重ねるほどに色づいていくのが今から楽しみです。
床が無垢のフローリングですので、玄関に上がるところに付ける玄関框も無垢のものが良いということで、掘り出しものを探してきました。
これも良い感じに仕上りそうです。